信州、長野の不動産探しは長野クリエートで!長野エリアの土地・建物&賃貸物件を随時公開しています。

台風19号が東北信エリアにも大きな被害の爪痕を残し、日に日に被害の全貌と災害復旧以外にボランティア活動にも焦点が向けられるようになってきました。
当社並び関係者宅は、ただ単に運よく何もなかったからですが・・・、この千曲川流域全域に及ぶと言う想像以上の水害の恐ろしさを痛感致しました。

また千曲川のような大きな河川以外にも、支流という小さな川や用水なども行き場を失いと溢れる水害の怖さを再認識した気がします。
どこにいても逃げるか逃げないのか?2社選択しかないんです・・・。

昨日になりますが、当社はメタボが気になる年頃の男女3人での微力トリオを結成し、当社関係者の親族がいる飯山市本町にボランティア活動に行ってきました。
被害のお宅は店舗兼住居及び倉庫、被害状況は床上浸水約30~40cmの模様、すでに前日から社協のボランティア団10人程度が来てくれ、ごみの搬出や水洗いなどしてくれいたこともあり、手が付けらっれない状況は脱しておりました。それでも砂は奥のほうに流れて溜まるから清掃も時間が掛かりますし、床なんか何度か拭いても乾くと白っぽくなってきてしまう感じです・・。
もう少しは片づけや清掃活動が必要と思われますが、日が落ち始めて吹き込む風も肌寒くなったところで店舗も居住スペースの清掃活動もひと段落、微力トリオの活動は終了となりました。

なお本日の微力隊MVPは、自前の軽トラックでごみ搬出に大活躍のK社長に決定いたしました!
冗談ですが、皆さんご苦労様でした。


同じように道路の反対側で活動していたボランティア団は全員学生か新入社員のような若いメンバー、作業終了の際に高齢のお婆さんが皆にずっと感謝しているのが印象的でしたね( ^ω^)・・・
呑気にしてれば雪が降ってきちゃう豪雪エリア、気を見て微力活動をして参りたいと思う次第です。

この度の台風により被害を受けた地域の皆様には、心よりお見舞い申し上げると共に、一日も早く平穏な日常が戻ることをお祈り申し上げます。